打楽器チームの奏者は4人ですが、楽器を運ぶにはサポートが必要です。
本番では12人のサポートメンバーが支えます。