リンクポリシー

  • リンク、コメント大歓迎です。
    ※関係のない宣伝目的や管理人が不適切だと判断したコメントにつきましては勝手に削除する場合があります。
    全てのコメントに返信できないこともありますのでご了承ください。
    TBは停止しております。
    ※無断転載・転送禁止

    メール mail_uws☆yahoo.co.jp
    (☆を@に変えてください)

    Twitter @urasui1994
    (フォローお願いします)

浦吹アルバム

  • 強化練1日目の金管分奏
    気まぐれに更新するアルバムです
無料ブログはココログ

2018年7月 7日 (土)

7月7日の練習日誌

今日はコンクールに向けて課題曲、自由曲の練習でした。自由曲はどこをカットするかなどを決めながら着々と準備を進めています。
練習中地震がありアラームが一斉に鳴り、楽器を抑えたり、ドアを開けたり、、、千葉の方々大丈夫でしょうか。Ab767ef3c2e4416b9f922239a66bd002


7eb235e8d1d04b8b96b2dba863b7bab6


2018年6月28日 (木)

6月23日の運営委員会

6月23日(土)の練習日誌

今回は総務係長の山本が運営委員会についてレポートします。

浦和吹奏楽団では3ヶ月に1回運営委員会を開きます。
役員、音スタ、各係(総務、会計、渉外、楽器、楽譜、企画)の係長が集まって団の運営について話し合います。

前回はポップスコンサートが終わった後の3月に行われました。

今回、定期演奏会が終わったので、今後のコンクールや市内のイベント、団内の総会や行事、来年のポップスコンサートへの進め方の話し合いが行われました。

社会人バンドの宿命ですが、この時期は転勤、卒業、就職等が有るため入団、退団、休団等の人の移動が激しいです。
一新されたメンバーによる各係のメンバーや仕事の内容についての話し合いも行われました。

どうすれば仲間を増やす事ができるかも重要な議題です。
もっと楽団の事を知ってもらいたい、若い頃の経験者でまた楽器を演奏したいという方は沢山おられるはず等々。
浦和吹奏楽団ではほぼ全パートで新しい仲間を募集しています。
高校生から60代まで年齢層も広く、入団に際してのオーディションも有りません。
音楽活動を再開したいと考えている方はどうぞ団のホームページから見学の申込みをお願い致します。
http://urasui.info/

定演を終え、本日より浦和吹奏楽団は虹色の未来に向かって高い山に登り始めました。
どの様な結果が待っているか分かりませんが、ベストを尽くします。

2018年6月23日 (土)

6月17日 第24回定期演奏会 その4

第2部は外山雄三作曲・藤田玄播編曲「吹奏楽のためのラプソディ―」から始まりました。
当日会場にいらっしゃった方は驚かれたかと思いますが、この曲の冒頭は管楽器奏者も拍子木を使って演奏します。
「あんたがたどこさ」や「炭坑節」「八木節」など、聞き覚えのあるフレーズを楽しんでいただけたかと思います。

そして本日のメイン曲、バレエ組曲「シバの女王ベルキス」です。
各パートのソロや、情熱的な旋律、盛大なフィナーレなど、聞きどころの多い曲です。

本日は林克成さんをゲストにお迎えし、美しいヴォカリーズを披露していただきました。
実は会場の2階席から歌っていただいていたのですが、なんとも幻想的な響きで、私も演奏しながら舞台上で聞き惚れてしまいました。


そして、皆様からの盛大な拍手とアンコールにお応えして、
歌劇トゥーランドットより「誰も寝てはならぬ」
そして「星条旗よ永遠なれ」を演奏させていただきました。

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
団員一同、心より感謝申し上げます。

6月17日 第24回定期演奏会 その3

14時となり、開演の時刻です。

オープニングを飾るのは本日の指揮者である加藤良幸さんの作曲した「エンドレスドリーム」です。
序盤の不安を感じさせるような様子から一転、華やかな主題へと変わります。


さて、今年の演奏会は山口奈々さんの司会で進行していきます。


2曲目は吹奏楽を聞かれる方にはおなじみの「イギリス民謡組曲」です。
バンド全体でのハーモニーと、各所のソロによる魅力的なメロディが楽しい一曲です。

続いては今年2018年の吹奏楽コンクール課題曲「虹色の未来へ」です。
金管楽器による重厚なファンファーレから始まり、
心が躍るような旋律と、トランペットによる虹を思わせる三連符が楽しい1曲です。


第1部最後の曲は真島俊夫作曲の「Mont Fuji (富士山)~北斎の版画に触発されて~」です。
タイトルのとおり富士山を題材とした作品ですが、副題の「北斎の版画に触発されて」というのは、真島俊夫が敬愛する作曲家のドビュッシーが、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」にインスピレーションを受けて「海」を作曲したという逸話がもとになっているそうです。

6月17日 第24回定期演奏会 その2

このたびの第24回定期演奏会は 
大勢のお客様にご来場いただき大盛況のうちに終えることができました。

それでは当日の模様をお伝えします。

梅雨の合間の天気に恵まれ、まさに演奏会日和です。


舞台設営は手分けして勧めていきます。


さぁ、本番に向けてリハーサル開始です。

リハーサルは第2部の曲からスタートです。
開演までの限られた時間で、ソロや各曲の確認をしていきます。

続いて第1部の曲のリハーサルです。
こちらもソロやバランスを確認し、手早く進めていきます。


リハーサルは順調に進み、予定より7分も余裕をもって完了しました。


開演まであと2時間
残りの時間を思い思いに過ごします。Dfce47e66e5d4e69a7566417beb3a7e1


«6月17日 第24回定期演奏会 その1